スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
プロ野球の裏金問題 横浜の那須野投手に5億3000万円の契約金
2007.04.11(Wed)
プロ野球の横浜が2005年に入団した那須野巧投手(24)に、最高標準額を超える5億3000万円の契約金を支払っていたことが4月11日に分かった。球界関係者が明らかにしたもので、西武の裏金問題で揺れる球界のルール違反が他球団にも拡大した。

那須野投手は2005年に日大から自由枠で横浜入り。4月12日発売の「週刊文春」が、同投手への5億3000万円の契約金支給を伝える。球界関係者は記事内容を認めた。同誌は、契約金のうち3000万円が日大監督に渡ったとも報じているが、プロ側はその件は関知していないとしている。

新人選手の契約金の最高標準額は「1億円プラス出来高払い」となっている。しかし、西武裏金問題の実態解明を進めている調査委員会(池井優委員長)は「倫理行動宣言」が採択された2005年6月以前に15選手に対し、合計で11億9000万円の超過契約金の事実を公表している。

スポンサーサイト
 
Comment












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。